上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.31 衝撃(2)
以前ブログで触れたが、あいつはmixiをやっている。
mixiユーザーの私は、あいつのIDをアクセスブロックしている。
そうまでしないと、お互いの現状を探り合ってしまいそうだった。
堕ちた私を見せたところで、あいつは私を選ばない。
私はそれを知っていた。
あいつが私の前から消えたように、私もあいつの前から徹底的に消え去る。
そうでもしないと自分を保つことができなかった。
私とあいつは、もう二度と会ってはならなかったのだ。

そんななか、私はCに悪魔の指令を出す。
「ねえ、あいつのmixi見てみてよ。日記とかに最近のこととか書いてないか知りたいの」
私が知りたかったことはただひとつ。
Cは忠実にあいつのプロフを検索し、お気に入りに保存する。
「結構マメに更新してるみたいだよ」
と知らせながら、核心に迫っていくC。
「いまは札幌にはいないみたいだよ。いまの仕事の段落をつけて3月に東京に戻るみたい」
「そうなの、あいつ、帰ってくるの…」
茫然とした口調で事実を繰り返す私。
北海道に住んでいる女性と別れたあいつが、実家のある東京に戻ってくることは何ら不思議ではないことだった。
「やっぱり・・・。帰ってくるんだ。あいつ、帰ってくるんだ。帰ってくるんだ・・・」
表情のない顔で、私はなおも同じ言葉を繰り返す。
私は狂ってしまいかねないだろう。
そう察知したのかCは、私を現実へと引き戻す。
「(あいつは)もしかしたらOO(私の本名)にパソコンのメールなり携帯なりに連絡してくるかもしれない。着拒やメールを受け取らない設定にしておいたほうがいいと思うよ」
「そうだよね」
Cとの電話中PCをいじりながら、あいつのメールが届かない設定になっていることを確認した。

私はいまだにあいつとの共通の友人達と月イチ位で飲んでいる。
友人達を通じて私の現状を探る可能性は、ないとはいえなかった。
つきあった女性とは、別れても連絡を取りたがる彼のことである。
彼にとって唯一の例外であろう私に関しては、気になるのではないだろうか。
だからこそ私は予防線を張っている。
あいつの共通の友人たちには、必要以上にいまの彼のことでのろけ、円満ぶりをアピールしていた。
でないと自分がみじめだ。
友人達にあいつから連絡が来ても、私にはつきあっている彼がいることを知れば、あいつだって手出しはできないだろう。
私は前に使っていた携帯を取り出し、いま使っている携帯にあいつのメモリを赤外線で送った。
女性の名前にすげ変えた電話番号を、着信拒否の対象として登録した。
私はあと3日で、29歳になる。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsutaetaikotoganai.blog14.fc2.com/tb.php/332-ac4d5fd8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。