FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月11日 (日)

翌日の昼過ぎ、ホテルを出て新宿通りに出た。
2人ともカサを差しているから、私達は手を繋げない。
「たまにはがっつりとにんにく屋でも行こうか」
同意した私は、彼とエレベーターに乗り込んだ。
「新潟にもにんにく屋はあるの?」
案外ひらけていた街並みを思い出しながら、私は彼に聞く。
「あるよ。昔、にんにく屋で合コンしたことがあった。超寒かったんだけどね」
その合コンの概要は、既に知っていた。
「普通、にんにく屋で合コンなんてしないよね」
「ねえ~」
ココを合コン会場に選ぶのは、参加者全員がガーリック好きか、よほどのチャレンジャーだろう。

食事を終え、私はドリンクメニューの1つに目をとめる。
彼にこんなメニューがあるよ、と声をかけるや
「頼んでみようか」
と言う。
「でもワインってこわいし・・・。あれ(彼と初めて会った知穂の結婚披露宴の2次会)以来飲んでないもん」
「たまにはアリっしょ」
彼はガーリックワインを、私はキールにんにく屋風を注文した。
ほのかにガーリックが漂う、ちょっと不思議なワインだった。

誕生日の夜、彼の友達と赤ワインを飲んだ
ことを思い出したのは、彼とわかれた後のことだった。
そのことは内緒にしておこう。
今はもう、払いのけたい記憶。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsutaetaikotoganai.blog14.fc2.com/tb.php/300-167fb188
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。