FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この頃の私は、人生で一番安定していた。
収入は少ないけれど、キャンペーンの仕事を続けられている。
仕事仲間は友達になり、彼女たちと飲んだり遊びに行くようになっていた。
ゴスペルを歌うことは生きがいであり、ココロのよりどころ。
カナダに行くユメもある。
恋愛の他にもやりたいことやできることはたくさんある―。
それに気づいた私は、充実した日々を送っていた。
その一方で、誰かをすきになることを避けていた。
あきらめてもいた。
何人かとデートをしたり告白されたことはあったが、すべて拒んでいた。
まだ、過去のことを忘れられなかったから。
あんな激しい自分を見せることができるヒトは、後にも先にも1人しかいないだろう。
そして、そんな自分にはもう、なりたくなかった。
自分にブレーキをかけること。
そうやって自分を保つ術が板につくようになっていた。
精神疾患を抱えた私なんか、愛してくれる男性はいないだろう。
だったら私が持っている愛情を、まわりのヒトタチに与えよう。
キャンペーン先でティッシュを配りながら、そんなことを考えていた。


2004年2月

25歳の誕生日は、火曜日だった。
週の前半だから、キャンペーンも休みだ。
友達はたいがい仕事だろう。
だけどあいつなら、もしかしたら空いてるかも知れない。
私はあいつにメールを送り、約束を取り付けた。
「自分と会う当日が誕生日のヒトには男女問わずプレゼントをあげている」
それならいっそ、チャームがついたネックレスかブレスレットを買ってもらおう。
でもバレンタインも近いし、チョコでも買ってやるか。
私が選んだチョコレートは、リシャールの詰め合わせだった。
かわいいイラストがプリントされている1口大のチョコレートに惹かれての指名買いだった。

私とあいつを含め、共通の友達との待ち合わせ場所の定番と化した新宿東口の交番前に現れたあいつは、仕事帰りだった。
留め具の部分が金属のグレーのコートは、あいつの服のなかで唯一センスを認めているものだった。
あいつと一緒に歩くのは、正直にいえば恥ずかしい。
待ち合わせ先であいつの姿を見つけるたびに
(ああ、なんでこのヒトはこんなに身なりを構わないんだろう・・・)
と失望するのだ。
それでも今日はあのコートを着ていることに少しほっとし
「プレゼントは?」
と聞いてみる。
「まだ買ってない」
「えーっ」
「じゃあ買いに行こ」
私はあいつを伊勢丹に連れ出し、1階のアクセサリー売り場で物色しだした。
高いものが欲しいわけではない。
ほんとうは、数千円程度でいいのだ。
ましてやあいつは友達なのだから。
「これ、欲し~い」
冗談めかして指したそれは、パトリック・コックスのブレスレット。
チャームが5つくらいついたそれは、2万円強もする。
「高すぎるって。アクセサリーなんてMUJI(無印良品)でいいじゃん」
「無印のアクセなんて、聞いたことないもん」
「じゃあ行ってみる?」
「いいよ。絶対ないって保証できるから」
私達は無印にも行ったが、案の定アクセの取り扱いはなかった。
マルイのファッション館に移り、なおもアクセを探していると、どこの売り場にいても店員が声をかけてくる。
「ああいうおばちゃんは嫌いだ」
「おばちゃんじゃないでしょ。おねえさんでしょ」
たしなめながらも内心では同じことを考えていた。
店員たちをうっとうしがりながらアクセを探していると、1人の女性の店員が歩み寄ってきた。
「いらっしゃいませ。結婚指輪をお探しですか?」
「・・・違います」
恥ずかしがりながら小声で答える私と同意するあいつ。
この売り場にいる男性の多くはカップルで来ている。
そういう関係じゃないのに・・・。
照れくささを打ち消すべくファッション館からヤング館に移り、そこでようやくプレゼントを手にした。
シルバーのチャーム2つと、ネックレスチェーン。
チャームは私の名前の頭文字と、私の星座である水瓶座をかたどったものだった。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsutaetaikotoganai.blog14.fc2.com/tb.php/242-454f538c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。