FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.12.31 年の瀬に
私の思い描く27歳は、ちゃんとしたおとなの女性。
仕事ではある程度責任を負わされ始め、仕事帰りや休日は友達や彼氏と会う。
たまに休暇を取って旅行に行き、リフレッシュして戻ってくる。
ミニ株などの財テクをはじめる運転資金にできるくらいの貯金もあって、自分のことはすべて自分でまかなえる。
そんなヒトになると思っていた。
今度こそ。

しかし、それはもろくも崩れ落ちている。
27歳の初夏、私の身に2つの大きな出来事が起こった。
1つは、退職。
もう1つは、失恋。
前者よりも後者のほうが大きなウエイトを占めているのは、私が女だからなのかも知れない。

モテなかったか、恋愛を避けていた節のある私にとって、これほど大きな失恋は、はじめてのことだった。
浴びるほど飲み、毎晩のように友達に電話をし、すぐそばにいる誰かという存在に頼る。
27歳の夏、私はどこまでも堕ちていきそうだった。
自分の壊れていく様を「あいつ」に見せ付けたくて仕様がなかった。
もう2度と会うことなどないのに。

立ち直りの兆しが見えたのは、9月にいまの会社に入ってからだった。
日曜から木曜までの9時から18時まで、一定のリズムを持って生活する。
新しい仕事と環境だから、慣れることに神経を遣う。
クワイヤーも、ライブに向けて練習日が増える。
27歳の秋は新しい仕事と趣味などであわただしく過ぎていき、冬が訪れて今日に至る。

あの事件から、7ヶ月が経った。
いつかは立ち直れると思っていたが、こんなに早く立ち直れるとは思ってもいなかった。
ライブを終えてから、私はそれに気づく。
歌は、私の生活のなかで大きな精神的支柱になっていた。
そのことをあらためて思い知らされた。
歌がなかったら、私はいまどうしていただろう。
また大量にクスリを飲んでしまうかも知れない。
それを考えると、おそろしい。
NO MUSIC,NO LIFE.
どこかのレコード店のキャッチコピーとして使われているこの言葉は、私を体現しているといっても過言ではない。
 
相変わらずハンティング活動はしているが、もうたまたまそばにいた男性にすがることは2度としないだろう。
それは、自傷行為に等しいものであるとわかったから。
いまの私は、誰かを見返すためではなく、自分自身がしあわせになるために他の誰かを探し続ける。
クリアな視点で、とても前向きな気持ちで。

28歳になる今春、私は余程のことがないかぎり、夜間の保育専門学校に行く。
いつになったら自活したおとなの女性になれるのか自問自答し続けてはいるが、答えは見つからないでいて欲しいと思っている。
答えを見つけ出したら、守りに入った生き方しかできないだろうから。
迷いながら、悩みながら、この先も進みつづけたい。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tsutaetaikotoganai.blog14.fc2.com/tb.php/189-46cf5913
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。