上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.26 1年後
年齢を重ねると時間があっという間に経つとよく聞く。
学校、仕事、趣味のゴスペル。
これだけでも精一杯なのに、それらをこなすバイタリティはどこから生み出されるのだろう。
当の本人でさえ、驚いてしまう。
なおかつ私にはもう1つ、日常がある。
今日、つきあいはじめて1年が経った。
気がついたら1年が経っていたというだけなのに、なぜか感慨ぶかく感じる私がいる。
スポンサーサイト
あいつが自らの破局を綴ったブログを更新した日、私は彼と過ごしていた。
前日から高校サッカーを観戦し、彼の友人達に紹介された後、池袋にあるホテルに泊まり、飯田橋の東京大神宮に初詣に行った日のことだった。
昨年5月の新潟旅行以来、男女の関係をもち始めた私達にとって、それは自然な展開だった。
私と彼のカラダの相性はすこぶる良く、彼は自分が果てたあとでも私を愛撫するようなやさしさも持ちあわせていた。
私は、彼の腕のなかで眠ることに慣れた。
それを幸福だと思っていた。

初詣を済ませお腹を空かせた私達は、池袋に戻った。
入ったお店は瀟洒な和風ダイニング。
カウンター席には私達の他に2組の客がいた。
1組はちょいワルオヤジと20代女性の2人組。
もう1組は、30代の女性の1人客だった。
白ワインのボトルを空けながら男性は女性に自分の持っている知識を披瀝する。
ちょいワルオヤジに対し、女性は感嘆しながら耳を傾けている。
「あの2人はどういう関係なんだろう。カップルなのかなあ」
「いや、これから(男性が女性を)落とそうとしてるんだよ」
2人の仲について小声で語り合う彼と私。
日本酒と料理に舌鼓を打ちながら1人の時間を満喫する仕事帰りとおぼしき女性は、気さくな口調でスタッフに次のオーダーをする。
「かっこいぃ~!おとなの女性って感じだよね」
女性にみとれる私に対し、同調する彼。
こんなくだらない会話を続けながら、私達はオーダーしたものを次々と口に運ぶ。

キャリアウーマン風の女性1人客の存在に刺激されたからだろうか。
「そういえば随分まえに飲み会で会った女のヒトがいるんだけどね・・・」
私は口を開く。
「そのヒトね、ものすごい飲んでたの。聞いてみるとふられたばっかだったんだって」
彼は黙って耳を傾ける。
「そのヒトね、長いあいだ『友達以上恋人未満』って感じだった男のヒトがいたんだけどね、ようやく自分の気持ちに気づいて彼と気持ちを確かめあったんだ。男のヒトもその女のヒトのことはいいと思っていたみたい。だけどね、男のヒトは他のヒトを選んでそのヒトの住む地方に移り住んで同棲し始めちゃったの。以来、その女のヒトは飲まずにはいられなくなっちゃったんだって」
私はぽつりぽつりと話す。
言葉を選び、ゆっくりと自身の過去について話す。
「その男のヒトね、過去につき合っていたヒトを阪神大震災で亡くしたことがあって、以来好きなヒトができたらかならずもう1人をキープすることで保険をかけるようになっちゃったの。私、その女のヒトの話でしかわからないことだけど、ものすごく許せない!って思っちゃった。その男のヒト、確かにかわいそうだと思うけど、結局はそんな自分に甘えてるじゃん。乗り越えようとしてないじゃん」
ひと呼吸おき、彼に問う。
「そういうヒトってどう思う?徹也だったらそういうヒトがいたら友達になれる?」
「なれないな」
彼は断言する。
「かわいそうだとは思うけど、友達にはなりたくない」
そんな彼に対し、私はもう少し踏み込んでいく。
「もしそういうヒトが友達の中でいたらどうする?」
「連絡があったら一応返すけど、自分から連絡を取ろうとは思わないな」
内心私はほっとした。
このヒトとあいつは異質のキャラクターの持ち主なのだ!
彼ならきっと私を置いてどこかに行かないだろう。
結婚―。
私の人生にありえなかった展開を意識し始める。


時は過ぎ、後期試験と幼稚園実習を終えた私は、無事進級が決まった。
産休代替で働いている保育園での勤務も、今日を入れてあと7日。
4月からの勤務先は既に決まっている。
隣の市にある保育園だ。
時給は大幅に下がるが、社会保険完備なのはうれしかった。
なにより自宅から30分で通えるのが魅力だ。
来年度という当座の未来は決まっていた。
彼とのつき合いも順調だった。
先週の土日には山中湖と御殿場プレミアムアウトレットへの小旅行に出かけた。
日帰り温泉に浸かり、コンドミニアムで手料理を振る舞い、買い物を楽しんだ。
彼と過ごしはじめて1年が経とうとしている今日、あいつが東京に帰ってくる。
だいじょうぶ、私には彼がいる。
すこしこわばりながら、自分に言い聞かせている私がいる。
2007.03.21 Birthday Present
2月3日、私は29歳になった。
実習期間中だったが、幸いにもその日は土曜日だった。
彼は私のためにお台場のホテルを予約してくれていた。
彼が宿を予約してくれたのは、これで3度目になる。
1度目は新潟。
2度目はクリスマスイヴ。
この日は日航東京に泊まったんだった。
夜景の綺麗な部屋で、シャンパンを飲んだ。
ユメのようなクリスマスだった。
しかし、あまりにも高すぎる宿泊料金を聞き、私は彼の財政事情を本気で心配してしまった。
そんな私の心配を察してか、チェックインを終えたあと、安心させるように宿泊料金の領収書を見せる。
さいわい4ケタだ。
とはいえ旅行時以外のホテル代は、すべて彼の支払いになるのだけど。

「そういえばさ、私なんでココにいるんだっけ?」
シャワーを浴びた後、ベッドに横たわりながら、私は誰に聞くでもないように疑問を口にする。
すると彼は
「横向いて」
と指示をした。
顔だけ壁のある右側を向き、あおむけになった姿勢の私は私は、ちらりと彼の様子を覗いてみる。
「目を閉じて」
ばれてしまった。
私はとっさに目を閉じる。
体勢の変わらない私に対し、彼は
「腕を出して」
と言う。
「右?左?どっち?」
どちらの腕を出すのかと尋ねる私に対し
「左でしょう」
そう言って私の手を取る。
ディリンディリ~ンといったBGMが彼のくちびるから流れる。
それはまったくロマンチックさを持ち合わせていない。
だけど、そこが彼らしい。
指の付け根に金属の冷たい感触が帯びてくる。
「いいよ」
目を開けて自分の手を見たら、指輪がはまっていた。
「シンプルなシルバーリングがいいな」
というリクエストは全く反映されておらず、ダイヤとおぼしき石と、それよりも小さなピンクと水色の宝石がきらきらと光っている。
自分では選ばないあろうかわいらしいデザインだ。
「うれしい・・・」
私は素直な感情を口にし、彼の顔を見つめる。
彼は
(気に入ってもらえてよかった)
という顔をしている。
「指輪ってどっちの指にすればいいんだろ」
「やっぱ左手でしょう」
3色の宝石は、私の左手薬指でまばゆいくらいに輝いていた。

誕生日プレゼントに指輪が欲しいと言ったのは、私だった。
これで私は、彼の彼女でいるという事実を人々に晒すことができる。
愛されている女の持つ優越感を、いつの間にか持つようになっていた。
私はしあわせだ。
私は、彼の首に両腕をまわす。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。